オーロラ(アラスカ)

e0108650_148554.jpg

e0108650_1494179.jpg

e0108650_1410531.jpg

e0108650_14101663.jpg

[PR]

  # by obaqtrip | 2010-09-08 14:10 | 朝日夕日

中国② ジュンガル盆地

新疆ウイグル自治区   天山北路
白石頭
e0108650_11114232.jpg

e0108650_11135885.jpg

白石頭 鳴沙山
e0108650_11142862.jpg

e0108650_1117195.jpg

e0108650_1117553.jpg

e0108650_11181425.jpg


ジュンガル盆地 
天山山脈の北側に沿って、西へ進んでいましたが、北へ曲がり砂漠の中へ・・・
天山北路から離れることになります。
e0108650_11201291.jpg

野生馬
このあたりは世界でも珍しい野生馬の保護区 です
おそらく見ることが出来ないと思っていたのですが、目の素晴らしいウィグル人のガイドが探し出してくれました。
300mmのズ-ムで何とか撮る事が出来た
e0108650_11215892.jpg

[PR]

  # by obaqtrip | 2008-09-09 11:22 | 砂漠

中国 タクラマカン

天山南路
敦厚を出てハミへ 新彊ウィグル地区
星星狭という小さな町からウィグルの領域になります
e0108650_10523618.jpg


ロバ車ものんびりと、ゆったりと時間が流れます。
ロバ車利用は10㎞ぐらいまでだそうです
e0108650_10533263.jpg



西域南道
莎車(ヤルカンド)→葉城(カルガリック)
崑論山脈への入り口です
e0108650_1055593.jpg


e0108650_10585922.jpg

e0108650_10593184.jpg


タクラマカン縦断
ニヤから暫く西域南道を走り、タクラマカン砂漠縦断道路へ左折。
ニヤから砂漠縦断道路(750㎞)に入り、道路標識177kmの所のところでキャンプ
e0108650_1125014.jpg


朝、快晴3度(昨日の嵐が嘘のよう)。昼間24度(西域南道より肌寒い)
e0108650_1135894.jpg

e0108650_1142076.jpg


河清回廊
遥堪
e0108650_1153929.jpg

[PR]

  # by obaqtrip | 2008-09-09 11:05 | 砂漠

シルクロード⑤中央アジア③

トルクメニスタン    メルブの遺跡

メルブ遺跡の観光
ものすごく広い
25万平方キロの インドから伝わった仏教が北上し、ブハラで東西に分かれ、東は中国まで伝わったが西はこのメルブまで。
ここ以西では仏教の遺跡がありません
e0108650_6262325.jpg

キズカラ 王様が娘のために建てた城。
チンギスハーンによって破壊された。
壁の小さな穴はバネで石ころをとばす砲弾の跡。
壁のギザギザは砲弾に強い構造 平山郁夫画伯の絵でも知られています。
e0108650_6265574.jpg

メルクの遺跡
e0108650_6274899.jpg

[PR]

  # by obaqtrip | 2008-08-24 06:27 | 遺跡

シルクロード⑤中央アジア②

中央アジア②  ウズベキスタン サマルカンドとブハラ

サマルカンド
到着後、アブラシアブの丘の遺跡へ
つちくれだったが、そこで見つかった壁画
ソクド商人の絵
シルクロードを股にかけ、シムダリアとアムダリア川を挟んだ地域に君臨
国としての形態を持たなかったが、シルクロードの物流には大きな役目を担った。イスラムにより壊滅する
e0108650_661682.jpg

e0108650_611820.jpg

グルエミール廟とウズベク天文台
e0108650_675619.jpg

シャーヒジンダ廟
e0108650_613486.jpg

グルエミール廟
シルクロードで一番美しい廟と言われる
e0108650_6142262.jpg

チムール王の墓
生誕660年祭が行われていた
e0108650_6145928.jpg

e0108650_6151843.jpg

レギスタン広場
14世紀モンゴル系のチムールが大帝国を作りサマルカンドに首都を設けた
e0108650_6162182.jpg

サマルカンド~ブハラ
キャラバンサライ
ラクダの隊商のための宿場
約40キロメートルごとにある
e0108650_617169.jpg

19世紀まで使われていた
アルク城
e0108650_6182541.jpg


ブハラ
ブハラ到着
すぐに、16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり全体が残っているブハラの町を散策。
e0108650_619369.jpg

イスマイルサマニ廟
壁の彫刻が美しい
モノトーンの美しさ
玄奘三蔵はここから南下し、アフガニスタン、パキスタンを通り、インドへ到達することになる。
帰路はパキスタンからパミール高原経由で、西域南道を戻った。
e0108650_621454.jpg

16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり町全体が残っている
カリヤンミナレット 高さ47メートル
e0108650_6214663.jpg

e0108650_622343.jpg

[PR]

  # by obaqtrip | 2008-08-24 06:22 | 遺跡

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE