世界の遺跡   ペルセポリス

イランは世界史の上で、3回、大きな帝国を築いています。
アケメネス朝→BC6~4世紀 俗に言うペルシャ王国
ササン朝→3~7世紀 正倉院に宝物をもたらした。
サファビー朝→16~18世紀 アラブから独立し、言語もペルシャ語に戻した。
そのうちの一番よく知られているのが、ペルセポリスのアケメネス朝の遺跡です。
e0108650_19361137.jpg

広大な領地を持ち強大な帝国として、世界各国に君臨したペルシャ王国の遺跡。
e0108650_19364183.jpg

クセルクセス一~三世などの王墓とともに、最近まで砂に埋もれていた事と、石で出来た建物だったため、綺麗な形で残っています。
e0108650_19371223.jpg

BC4世紀アレキサンダー大王に壊滅させられるまで、広大な領土を納めました。
e0108650_19375571.jpg

砂漠の中のオアシスで、いつも天気が良く暑いです。
この素晴らしい青空・・・
e0108650_1940385.jpg

各国の使者が貢ぎ物を持って喝見する様子。
この絵柄により、どの地方の国々が傘下にあったかがよく分ります。
e0108650_1955576.jpg

ダリウス王の墳墓
e0108650_19433279.jpg

宗教としては、エジプトの多神教とともに一番古いゾロアスター教の教義を示す絵です。
e0108650_1942439.jpg


[PR]

  by obaqtrip | 2008-05-26 19:43 | 遺跡

<< 世界の遺跡  ギリシャ エジプトア レクサンドリアの博物館 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE