シルクロード⑤中央アジア②

中央アジア②  ウズベキスタン サマルカンドとブハラ

サマルカンド
到着後、アブラシアブの丘の遺跡へ
つちくれだったが、そこで見つかった壁画
ソクド商人の絵
シルクロードを股にかけ、シムダリアとアムダリア川を挟んだ地域に君臨
国としての形態を持たなかったが、シルクロードの物流には大きな役目を担った。イスラムにより壊滅する
e0108650_661682.jpg

e0108650_611820.jpg

グルエミール廟とウズベク天文台
e0108650_675619.jpg

シャーヒジンダ廟
e0108650_613486.jpg

グルエミール廟
シルクロードで一番美しい廟と言われる
e0108650_6142262.jpg

チムール王の墓
生誕660年祭が行われていた
e0108650_6145928.jpg

e0108650_6151843.jpg

レギスタン広場
14世紀モンゴル系のチムールが大帝国を作りサマルカンドに首都を設けた
e0108650_6162182.jpg

サマルカンド~ブハラ
キャラバンサライ
ラクダの隊商のための宿場
約40キロメートルごとにある
e0108650_617169.jpg

19世紀まで使われていた
アルク城
e0108650_6182541.jpg


ブハラ
ブハラ到着
すぐに、16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり全体が残っているブハラの町を散策。
e0108650_619369.jpg

イスマイルサマニ廟
壁の彫刻が美しい
モノトーンの美しさ
玄奘三蔵はここから南下し、アフガニスタン、パキスタンを通り、インドへ到達することになる。
帰路はパキスタンからパミール高原経由で、西域南道を戻った。
e0108650_621454.jpg

16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり町全体が残っている
カリヤンミナレット 高さ47メートル
e0108650_6214663.jpg

e0108650_622343.jpg

[PR]

  by obaqtrip | 2008-08-24 06:22 | 遺跡

<< シルクロード⑤中央アジア③ シルクロード④中央アジア① >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE