<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

シルクロード⑤中央アジア③

トルクメニスタン    メルブの遺跡

メルブ遺跡の観光
ものすごく広い
25万平方キロの インドから伝わった仏教が北上し、ブハラで東西に分かれ、東は中国まで伝わったが西はこのメルブまで。
ここ以西では仏教の遺跡がありません
e0108650_6262325.jpg

キズカラ 王様が娘のために建てた城。
チンギスハーンによって破壊された。
壁の小さな穴はバネで石ころをとばす砲弾の跡。
壁のギザギザは砲弾に強い構造 平山郁夫画伯の絵でも知られています。
e0108650_6265574.jpg

メルクの遺跡
e0108650_6274899.jpg

[PR]

  by obaqtrip | 2008-08-24 06:27 | 遺跡

シルクロード⑤中央アジア②

中央アジア②  ウズベキスタン サマルカンドとブハラ

サマルカンド
到着後、アブラシアブの丘の遺跡へ
つちくれだったが、そこで見つかった壁画
ソクド商人の絵
シルクロードを股にかけ、シムダリアとアムダリア川を挟んだ地域に君臨
国としての形態を持たなかったが、シルクロードの物流には大きな役目を担った。イスラムにより壊滅する
e0108650_661682.jpg

e0108650_611820.jpg

グルエミール廟とウズベク天文台
e0108650_675619.jpg

シャーヒジンダ廟
e0108650_613486.jpg

グルエミール廟
シルクロードで一番美しい廟と言われる
e0108650_6142262.jpg

チムール王の墓
生誕660年祭が行われていた
e0108650_6145928.jpg

e0108650_6151843.jpg

レギスタン広場
14世紀モンゴル系のチムールが大帝国を作りサマルカンドに首都を設けた
e0108650_6162182.jpg

サマルカンド~ブハラ
キャラバンサライ
ラクダの隊商のための宿場
約40キロメートルごとにある
e0108650_617169.jpg

19世紀まで使われていた
アルク城
e0108650_6182541.jpg


ブハラ
ブハラ到着
すぐに、16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり全体が残っているブハラの町を散策。
e0108650_619369.jpg

イスマイルサマニ廟
壁の彫刻が美しい
モノトーンの美しさ
玄奘三蔵はここから南下し、アフガニスタン、パキスタンを通り、インドへ到達することになる。
帰路はパキスタンからパミール高原経由で、西域南道を戻った。
e0108650_621454.jpg

16世紀のシルクロード沿いの都市として
そっくり町全体が残っている
カリヤンミナレット 高さ47メートル
e0108650_6214663.jpg

e0108650_622343.jpg

[PR]

  by obaqtrip | 2008-08-24 06:22 | 遺跡

シルクロード④中央アジア①

中央アジア①キルギスとカザフスタン
キルギス イシク.クル湖からビシュケクへの途中
トクマク の遺跡
12世紀カラハン朝の夏の首都(冬の首都はカシュガル)として栄えました。
後にジンギスカンに滅ぼされることになります
e0108650_5474611.jpg

石人
紀元3世紀頃、匈奴に変わり勃興して6世紀に王国を建てた突蕨時代のもの。
e0108650_5484076.jpg

突蕨はモンゴリア高原からソクド地方(シルダリアとアムダリア川に挟まれた地区)まで勢力を誇った。
石人を作った理由は不明だそうです
e0108650_5492111.jpg


カザフスタン   ジャンプール
市内に観光の予定は無かったのですが、遺跡が1つ あると言う地元のバス運転手の言葉で、早速見学に・・
ババチャハトゥン廟 。 
e0108650_552491.jpg

[PR]

  by obaqtrip | 2008-08-24 05:53 | 遺跡

シルクロード③中国その他の遺跡③

天山北路
中国 安西
鎖陽城遺跡
e0108650_5233649.jpg

漢の時代、敵に攻められ、この砂漠に育成する鎖陽の草を食べ、一ヶ月籠城、助勢の軍がくるまでしのいだという逸話がある
e0108650_5242044.jpg



天山北路 パリクン 大河故城
天山の麓にたたずむ遺跡 
e0108650_527427.jpg

突蕨や蒙古などの北方騎馬民族に対する砦の跡です
e0108650_5292049.jpg



天山北路 北艇故城
唐の時代 クチャのキジ故城とともに
北方民族、突蕨の攻撃を防ぐため、
西域の守りの要として作られた。
e0108650_532848.jpg

ラプチュ故城や大河故城の
総元締めとしての役割を持っていた
13世紀にはウィグル族に支配され
夏の都として栄えた。 
14世紀には廃棄された
e0108650_533445.jpg

西大寺  
西夏時代の遺跡
12世紀
e0108650_5334453.jpg

西大寺の中の壁画
12世紀
ウィグル時代のもの
e0108650_5343692.jpg

古木、1億年以上前の化石だそうです。
砂漠に転がっていたという
e0108650_5354911.jpg

[PR]

  by obaqtrip | 2008-08-24 05:48 | 遺跡

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE